Blog

こちらは全体の雰囲気です。
今年は新型コロナウイルスの影響により、木管・金管楽器のパートをエレクトーンを使用しての演奏となりました。

どんな音になるのかな?どんな感じになるのかな?とそれぞれ心配になっていたかと思いますが、最近のエレクトーンってすごいですね!
今、フルートが聴こえる〜本物のフルートだー!と思うくらいでした。


こちらは、指揮者と同じ楽譜を見てお話ししているところです。
リハーサルならではの場面ですね!
一緒に音楽を創り上げている感じがして、私の大好きな写真です。

そして、指揮者の「グー!」というジェスチャーと、エア握手。
いつもなら普通に握手が出来るのに、今年はコロナの関係でエア握手でした。

リハーサルはみなさんマスク着用でしたので表情を感じ取ることが出来ずとても残念でしたが、緊張感の中にほんわかあたたかい空気も流れていたように感じました。
残暑厳しい毎日ですが、みなさんお変わりなくお過ごしでしょうか?

亀さんスピードの更新、申し訳ありません。

今日は、2枚の写真を載せたいと思います。

チラシ横で写真を撮っていた方がいらっしゃったので、私も便乗して撮らせて頂きました。


男の子3人組!
私の「ピシッ!」という掛け声に、みんな背筋をピンと伸ばしてくれました。素直で可愛かったです♡


こちらはご兄妹です。
王子様とお姫様みたいですね♡


写真撮影にご協力いただき、ありがとうございました。

(ホームページ掲載に同意されない方もいらっしゃいましたので、チラシに加工させて頂いております。ご了承ください)
2020年8月9日(日)
第5回ベルソンピアノコンクール「コンツェルトの夕べ」無事終演いたしました。
4月に行われるはずだったコンツェルトの夕べ。新型コロナウイルス感染症の影響で8月に延期となり、また入場制限を設けさせて頂きました。
当日受付では、問診票の提出、検温、手指消毒をして頂いたりと、みなさまにご協力頂きましたこと、深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

例年のコンツェルトの夕べとは違い、お客さまがいらっしゃはないとはこういうことなのか…と少し寂しくなってしまいましたが、でも、とてもアットホームな雰囲気が出ていたのではないかと思っています。

本番前の緊張している姿、待ち時間の少しリラックスした姿、終わった後の開放感溢れた笑顔。
みなさんのこういう表情を見ていると、私も昔のことを思い出し懐かしい気分になります。
寿命が縮む…なんでこんな心臓に悪い習い事を選んでしまったのだろうか…もっと楽な習い事はなかったのだろうか…と数え切れないくらい思ったものです。
でも、終わった後の開放感は、言葉には言い表すことが出来ないほど気持ちがいい!!
私も一度だけ大学時代にコンツェルトを経験したことがあります。
もう10年以上前ですが、オーディションから本番まで鮮明に覚えています。
きっと9日に出演されたみなさんも、将来大きくなっても最高の思い出として覚えていると思います!

余談になりますが…
私には小学1年生の娘がいます。6月末に突然学校を嫌がるようになり行けなくなりました。ストレスからごはんも食べられなくなりすごく痩せました。
そんな中、娘の心を癒してくれたのが、習い事でした。
学校には行けないし大泣きするけど、習い事には楽しく行き満面の笑顔で帰って来る。習い事をさせていて良かった…と強く思いました。
練習がつらかったり、「もっと練習しなさい!」とお母さんに叱られたり、なかなか思うように弾けなかったり…と嫌になることもたくさんあるかと思いますが、音楽が、ピアノがみなさんにとって娘が感じたような癒しになってくれたら、これほど嬉しいことはありません。
そして、私たちにそのお手伝いが出来れば最高に嬉しいです!

今回はホームページ掲載の同意書も頂き、同意してくださった方の写真を撮らせて頂きました。
また少しずつアップしていきたいと思っています。

最後になりましたが、このコンサートにご協力頂きましたすべての方にこの場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

日本中に大雨をもたらした梅雨もそろそろ明ける頃でしょうか。

本年は新型コロナウイルス感染症の影響により、4月に予定しておりましたベルソンピアノコンクール受賞者記念コンサート「コンツェルトの夕べ」を、8月9日に延期とさせて頂きました。

また新型コロナウイルス感染拡大予防対策といたしまして、ご家族以外の方のご入場をお断りさせて頂いております。一般の方にはご入場頂くことが出来ません。

毎年楽しみにご来場頂いていますお客様には大変申し訳ございませんが、ご理解頂きますようお願い申し上げます。

また2021年の受賞者記念コンサートも中止とさせて頂きます。

新型コロナウイルスが早く終息することを祈るばかりでございます。

緑が気持ち良い季節となりました。みなさまにおかれましてはお変わりなくお過ごしのことと思います。

4月に予定しておりました第5回 ベルソンピアノコンクール受賞者記念コンサート『コンツェルトの夕べ』を延期させて頂きました際には、みなさまのご理解、ご協力を頂きありがとうございました。

まだまだ普通の生活には戻りませんが、学校も始まり子どもたちの元気な声も聞こえてきたことに少しほっとしております。


さて、以前お知らせいたしました8月9日に予定しております第5回 ベルソンピアノコンクール受賞者記念コンサート『コンツェルトの夕べ』についてのご案内です。

管楽器を使用しますとエアロゾルが発生し、12メートルまで拡散してしまうため、管楽器を使用することが安全上難しい状況です。

また、ホール内は換気が難しく、密を避けるために観客を入れることも安全上難しくなっております。

出演者のみなさまに気持ちよく演奏していただく方法、そして安全に開催できる方法はないかとスタッフ間で話し合い、下記の3つの中からみなさまに選択していただきたく、ご案内申し上げます。


①8月8日または8月9日に、撮影形式での開催

 管楽器パートのみエレクトーンに代える

 オーケストラは本番もマスク着用(出演者の方はなし)

 親と兄弟のみ入場可

 今回に限り、DVD1枚プレゼント

 今回に限り、ビデオ撮影可(写真撮影は音が出る為ご遠慮ください)


②2022年春開催予定の第6回コンツェルトの夕べに出演

 曲目変更不可

 病疫(例:新型コロナウイルス感染症)、災害等により開催できない場合には参加費は全額返金いたしますが、出演辞退の場合には参加費のご返金はできかねますので、その点ご注意ください

 

③返金


大変申し訳ございませんが、準備の関係上、なるべく早くお電話(052 831 3501 事務局/090 2573 5417 小川)、メール(belsonpiano@gmail.com)にてお返事いただきたくお願い申し上げます。



いつものように予定通りコンサート形式での開催が出来ないこと、大変申し訳なく、出演者のみなさん、ご家族のみなさまのお気持ちを考えますととても心が痛みます。

おじいちゃんおばあちゃんに聴いて欲しかったのに!

お友だちに聴いて欲しかったのに!!

2022年まで待つなんて!!!

どうして???コンクール頑張ったのに!!!

悲しい気持ち、怒りたい気持ち、色々な気持ちが出てくるかと思います。

私にも年少の女の子と小学一年生の女の子がいますが、自分がみなさまと同じ立場だったら…と思うと何とも言えない感情が出てきます。

子どもになんて説明しよう…そんなことを考えたりします。

それでも、みなさまに選択して頂かないといけないこの状況がとてもつらく苦しいです。

大変申し訳ございません。

みなさまのご理解、ご協力をお願い申し上げます。


※最終締切を変更させて頂きました。
6月30日となっておりましたが、編曲などの関係により6月20日とさせて頂きます。
誠に勝手ではございますが、よろしくお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症の今後の予測が全く出来ない状況の中、皆さまも不安な思いで過ごしていらっしゃることと思います。

2020年4月4日(土)に予定されております、第5回ベルソンピアノコンクール 受賞者記念コンサート「コンツェルトの夕べ」は、新型コロナウイルス感染拡大への懸念と安全面を考慮し、2020年8月9日(日) に延期とさせて頂きます。

都合により会場も、『緑文化小劇場』に変更となります。


3月20日に予定しておりました、ぴえりあピアノスクールでの指揮者との合わせは、2020年8月1日(土)に延期となり、会場(緑文化小劇場)でのリハーサルも、2020年8月8日(土)に延期となります。

お時間は、以前ご案内した通りで変更はございませんが、変更となる場合にはご連絡いたします。

すでにお渡ししております入場整理券は、そのまま8月9日にお使えいただけますので、処分なさいませんようお気をつけください。

ご親戚の方やお友だちなどにお渡ししていることと思いますので、会場が変更になった旨と入場整理券の旨をお伝え頂けましたらと思います。


この何日か、事務局内では色々な意見が出ました。


4月には落ち着いている可能性もあり、行えるのではないか。
入場制限をもうければ行えるのではないか。
延期した方がいいのではないか。

様々な意見が出る中でも、毎日のように『新たな感染者です』と報道が出る。

薬もワクチンもない。マスクや消毒液も手に入りにくい。


皆さまの中にも、夜中や朝早くお店に並んでマスクや消毒液を購入されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな中、予定通りに行うのは危険ではないかという判断となり、延期という決断に至りました。

4月4日を目標に毎日頑張って練習している出演者の皆さん。
お子さんをサポートしてくださっているご家族の皆さま。

生徒さんを指導されております先生方。


大変ご迷惑をお掛けしていることは重々承知しておりますが、ご理解頂きますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、事務局までご連絡ください。

3月20日の指揮合わせについてお願いです。

お時間になりましたらお部屋に入って頂きますが、待合室がございませんので、早く来ていただいても玄関前で待っていただくという形になってしまいます。

2、3分前に6階の玄関前に来ていただくことが、お子さまも寒い思いをせずに良いかと思います。

お時間になりましたら係りの者が呼びに伺いますので、それまで6階の玄関前にてお待ち下さい。

時間に余裕をもってお越しいただいていることとは思いますが、大変申し訳ございませんがその旨お願い申し上げます。

また新型コロナウイルス等、心配な時期でございますので、各自マスクや消毒など予防をして頂き、当日体調が思わしくない場合には無理はなさらず、ご連絡頂けましたら幸いです。

ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。
明日から3月ですね!

暖かくなったり寒くなったりと気候も落ち着きませんが、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスが日本でも流行り始め、マスクが買えなかったり、小中高が一斉に休校になったり、とドタバタな毎日ですね。

東京ディズニーランド・シーやUSJが閉園され、名古屋ではレゴランドが閉園…

色々な催し物の中止や延期…

このまま終息するのか…まだまだ感染が広がるのか…心配なところです。

さて、4月4日に予定されています、第5回ベルソンピアノコンクール 受賞者記念コンサート『コンツェルトの夕べ』ですが、今のところ開催予定です!

出演者の皆さま、ご家族の皆さま、関係者の皆さまには大変ご心配をお掛けしております。

この先の新型コロナウイルスの様子により、こちらの状況も変わります。

随時ホームページは更新していきますので、確認していただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。


第5回ベルソンピアノコンクール 受賞者記念コンサート「コンツェルトの夕べ」

会場:瑞穂文化小劇場
日時:2020年4月4日(土)
        14時30分開場/15時開演
入場:無料(入場整理券が必要です)
  PTNA会員の方は会員証をご提示下さい
  PTNA会員の方は入場整理券は不要です
昨年11月に行われました第5回ベルソンピアノコンクールにて優秀な成績をおさめられ、出演資格を得られました27名がオーケストラと共演いたします。

曲目は、ぞうさん、キラキラ星、バスティン、ブルグミュラー、ギロック叙情小曲集、子供の情景、子供の領分、ラプソディーインブルーなどのベルソンオリジナルコンツェルトです。

入場整理券等の問い合わせは、ベルソンピアノコンクール事務局(052-936-1417または052-831-3501)までお願いいたします。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
寒中お見舞い申し上げます
お正月も過ぎ、あーっという間に1月も中旬。。。
大変遅くなりましたが、昨年もベルソンピアノコンクールを通じてたくさんの方と接することができ、すてきな時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

初詣には行かれましたか?
我が家は毎年、豊川稲荷に行きますが、今年のおみくじはなんと『凶』。
娘が引いたおみくじですが、凶だなんてびっくりです。
凶というおみくじには負けず、何事もなく無事一年過ごせるよう常に前向きに頑張ります!!

さて、今、ベルソンピアノコンクール事務局は、4月に行われますコンツェルトの夕べの準備の真っ只中です。
出演されるみなさんも、練習に励まれていることと思います。
出演されるお子さんをサポートされているご家族の皆さんも、本当にお疲れさまです。

これから指揮者の先生との合わせやオーケストラとの合わせがありますね!
ドキドキするかと思いますが、指揮者の先生はとーっても優しいです。
緊張し過ぎないで、充実した時間を過ごしてくださいね。
出演されるみなさんが気持ちよく演奏できるよう、スムーズに進行できるよう、私たちスタッフも頑張ります!
一緒に素晴らしい舞台を創り上げましょう♪

インフルエンザや胃腸風邪が流行っています。
体調には充分気をつけてお過ごしください。
今年もみなさんにとって素敵な一年になりますように!
金賞・銀賞・銅賞のトロフィーと、優秀賞の盾です。
金賞のトロフィーは、結構大きいですよ〜!
優秀賞の盾も、キラキラしていて綺麗です⭐︎

結果発表の前に、審査員の先生からのお話です。
毎回、素晴らしいお話をしてくださいます!
とても勉強になります。

そして、ドキドキの結果発表です。
演奏番号とお名前を呼ばれて舞台に上がってきてもらいますが、みなさん急いで小走りで来るので、つまづかないかとヒヤヒヤします。
たまに階段付近で転けそうになる子もいて、こちらも違う意味で、ドキドキです(笑)

Eカテゴリーの表彰式です。
小さい子の表彰式とは違って、とても落ち着いた雰囲気です。

受賞された方と審査員の先生方と記念撮影です。
お母さまやお父さまも、我が子を!!と一生懸命撮影されていました。

銀賞を受賞されたお友だちです。
お母さまに、写真をホームページに載せてもいいですか?とお聞きしましたら、快くOKしてくださいました。
ありがとうございました。
第5回ベルソンピアノコンクール
11月24日 楽典・リズム審査〜第一楽器 植田店〜
11月30日 演奏審査〜瑞穂文化小劇場〜

無事終了いたしました。
参加いただきましたみなさん、審査してくださった、大林裕子先生・丹羽つね子先生・渡辺泉先生、ご協力いただきました楽器店・ホール関係者さま、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
30日の朝は、とても冷え込みましたね。
そんな中、みなさん元気にお越しくださり、ありがとうございました。
参加者さんの中には、長野から来てくださっている方もいて…
長野はもう雪が降っていて、すごく寒いです。愛知はまだ暖かいですねって仰っていました。

受付に座っていると、参加者さんやご家族のみなさんの色々な表情を見ることが出来ます。
特に表彰式後の受付付近は、大喜びの子、悔しくて大泣きしている子、泣きながら怒っている子、色々です。
お母さまも、「良かったね!」と大喜びのお母さまもいらっしゃれば、「責めてないよー」と泣いている子に優しく話しかけているお母さま、怒っているお母さまもいらっしゃいました。
ふと私も昔のことを思い出してしまいました。
私の母は1番最後のいつもガミガミ怒っているお母さんでした(笑)
優しく慰めてくれるお母さんが羨ましかったです。。。
受賞されコンツェルトの出演資格を取得されたみなさん、おめでとうございます。
弾けるような笑顔がすごく印象的でした。びっくりして笑顔なく泣いている子もいました。
これからコンツェルトの曲決めや練習が始まりますね!
どの曲も素敵な曲です。楽しんで気持ちよく弾けるよう、また頑張ってくださいね。

受賞できたけど、思っていた賞ではなかったみなさん。
受賞できなかったみなさん。
賞が全てではありませんが、練習の成果を出し切ることは出来ましたか?
そして、審査の先生からの講評は読まれましたか?
自分の演奏に何が足りなかったのか、また練習過程で見つけてみてください!!
ベルソンピアノコンクールは、また来年もあります。
悔しい気持ち、怒りたい気持ち、色々な気持ちがあるかと思いますが、その気持ちを忘れずまた来年挑戦してみてください。
今度はキラキラ輝いた笑顔を楽しみにしていますね。

表彰式の写真など、また少しずつアップします!
よろしくお願いいたします♪