Blog

第7回ベルソンピアノコンクール、要項発表からもうすぐ1ヶ月です。

要項は、手に取っていただけましたか?

申し込みは、2022年10月20日までとなっております!

みなさまのご参加を心よりお待ちしちおります♪


さて、夏休みに入りましたね。

我が家は、夏休みに入ってすぐ私の実家に帰ってきました。

鹿で有名な県です。
(子鹿ちゃん、可愛い♡)

夏だから暑いだろうと薄い服しか持って行っていなかった私は痛い目に、、、。

夜はエアコンも扇風機もいらないくらいで、窓を閉め切っていても寒いです。

一年に一度の帰省。コロナが多いので、どこにも行けずですが、お家プールに花火、美味しいものもたくさん食べて、リフレッシュ!

ストレスで食欲がなくなっていた上の娘の調子も戻ってきましたー。

まだまだ夏休みに入ったばかり。

宿題は?やったの?という言葉を何回言わなければならないのか、、、。

子育て中のお父さんお母さん、孫守り中のおじいちゃんおばあちゃん、お疲れさまです。

夏休みを楽しみつつ、ピアノの練習もして宿題もして、充実した時間が過ごせますように(*´꒳`*)

本日は、お忙しい中、また悪天候の中、ベルソンピアノコンクールの説明会にお越しくださり、ありがとうございました。

前回も雨だったようで(台風直撃して延期になった年もありました)、ベルソンピアノコンクールの説明会は、雨にご縁があるようです。

代表 小川せつ子が、ベルソンピアノコンクールの魅力や、課題曲の説明などお話ししましたが、いかがでしたか?


4月のコンツェルトの夕べのDVDも流しました。

私はDVDを見たのがはじめてだったのですが、すごく素敵に編集されていて、わぁ〜すごい!絶対思い出に残る!とあらためて思いました。

コンツェルト当日は、ドタバタしていますので、落ち着いてみなさんの演奏を聴くことができないのですが、こうゆっくりDVDを見ると、こんなにもオーケストラの存在が大きいのか…こんな中、弾けるってすごいなぁと感じました。

是非、小さいうちから、コンツェルトを体験していただきたいです!

第7回ベルソンピアノコンクールは、2022年11月20日(日)、瑞穂文化小劇場にて行われます。

申し込み締め切りは、2022年10月20日(木)です。

早めにお申し込みください。理由は説明会でお話しした通りです!!

最後になりましたが、本日の説明会開催にあたり、ご協力くださいました第一楽器 植田店さま、日進センターさま、ありがとうございました。
今週はずっと雨予報ですね。

暑すぎるのも嫌だけど、ずっと雨もどんよーり気分になるので嫌です。

金曜日は幼稚園のキャンプファイヤーがあるのに、雨予報。

お願いっ!今からでも晴れ予報に変わってー(;ω;)

さて、明後日、7月5日(火)、第一楽器 日進センターにて、第7回ベルソンピアノコンクールの説明会があります。

どんなコンクールなのかな…ちょっと気になるなぁ〜という方は、ぜひご参加ください。

参加費無料です!

今年もリズム審査、楽典審査はありません。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
毎日暑すぎですね。みなさん、熱中症にはなっていませんか?

我が家は上の娘の体調が悪く、月曜日に入院危機に陥りましたが、元気になりました(^^)

子どもって一瞬で悪化するけど、回復も一瞬ですね!

病院の薬剤師さんに『子どもはスポンジだから、点滴したならすーっと楽になるよ』って言われましたが、その時、まだぐったりしていたので、嘘つき!と思ってました。

薬剤師さんに謝らなきゃですね〜(笑)ほんと、スポンジでしたっ!

みなさんも体調には充分気をつけてお過ごしくださいm(_ _)m

さて、本日7月1日は、第7回参加要項の発表日です。

参加要項は、ホームページ上の「参加要項」というページにございます。ご確認ください。

申し込みは、2022年10月20日(木)必着でお願いいたします!!

みなさまにお会いできますことを楽しみにしています♪

『梅雨明けしたと見られる』

今日、気象庁が発表しましたね!東海地方の梅雨は、13日間だったとか。

こんなに早く梅雨明けするとは、、、びっくりです!

先日、4月のコンツェルトの夕べでお世話になったコントラバスの方のお家にお邪魔して、コントラバスを弾かせていただきました!
こんな大きいの?こんなにずっしりしてるの?こんなに音が身体にビンビン響くの?こんなに弦を押さえている指って痛くなるの?

想像していた以上に重く、びっくりするくらい身体が痺れ、痕ができるくらい左手の指が痛かったです。

私はピアノ専攻だったので、コントラバスは見たことしかありません。

触ったことのない楽器のことを知ることができ、すごく勉強になりました。

大切な大切な楽器を弾かせてくださったMさん、ありがとうございました!!

(私の娘。小学3年生。身長120センチくらい。
コントラバスに飲み込まれています(笑)!!)


6月も中旬。
東海地方も、明日くらいに梅雨入りすると天気予報で言っていましたね。
洗濯物は乾かない、床もジケっとして、子どもの機嫌も悪くなる。嫌なイヤーな季節の到来ですね。

先日、上の娘と一緒にお庭にひまわりの種を蒔きました。
上の娘の理科の教科書に、ひまわりの種の蒔き方が書いてありましたが、めちゃくちゃ面倒臭かったので(笑)、パラパラ〜と蒔いて終了してしまいました。
でも、芽が出てきたんです。
あんないい加減に蒔いたのに、芽が出てきて、すごい生命力!と感動しました。
小さなお花が咲くのか大きなお花が咲くのか、楽しみです!(ひまわりの種を蒔こうよー!とうるさかった上の娘は、虫がいやーと芽が出たのも見に行かない…水やりは母ちゃんの仕事になりそうです。。。なんでよ…)

遅くなりましたが、第7回ベルソンピアノコンクールの予定です。

要項発表 
2022年7月1日(金)

説明会
2022年7月5日(火)10時半〜
会場 第一楽器日進センター
(愛知県日進市栄一丁目201  フィール日進3階)

第7回ベルソンピアノコンクール
2022年11月20日(日)
会場 瑞穂文化小劇場

第7回ベルソンピアノコンクール受賞者記念コンサート『コンツェルトの夕べ』
2023年4月22日(土)23日(日)
会場 熱田文化小劇場

よろしくお願いいたします! 
コンツェルトの夕べが終わり、早1ヶ月。
ノロノロ亀さんペースの更新で、すみません。。。

今日は、オーケストラメンバーの紹介です。
大切な大切なメンバーです。
カテゴリーが増えた関係で、最大42名のオーケストラのみなさんに頑張っていただきました。
まだ冷房がつかない時期で、舞台用の立派なライトに長時間照らされ、暑過ぎたと思います。
暑い中、本当にありがとうございました。

舞台裏で、ちょっとした合間合間にオーケストラメンバーとお話しさせて頂きました。

前回のコンツェルトの夕べから、約一年半間があいたのですが、一年半ってすごく濃いのですね。

子どもたちの一年半も、大人っぽくなっていたり、背がぐんと伸びていたり、、、それぞれの成長がすごいのですが、オーケストラメンバーの年齢層の一年半というのは、ご結婚されたり、お子さまがいらっしゃったりと、おかれている環境が変わっていて、びっくりすることだらけでした。

そんな中、3日間、ベルソンのために頑張ってくださり、本当にありがとうございました!!

どの楽器の方も素晴らしいのですが、なぜか、今回は、パーカッションの方に目も耳も奪われてしまいました。

タンバリンをあんな叩き方したことない!すごーい!!と、子どものように目をキラキラさせてしまいました(笑)

舞台裏には、小さなピアニストさんから頂いた、こんな可愛らしい絵が飾ってありました。
前日のリハーサルではじめてオーケストラと合わせをして、楽しかったと絵にしてきてくれました。

オーケストラのみなさんにとって、なかなかハードな舞台だったかと思いますが、この絵でオーケストラのみなさんも頑張れたと思います。

ありがとうございました!

GW、いかがお過ごしでしたか?

今日は、ベルソンのお話はお休みして、GWのお話にしようと思います。

我が家は、主人の仕事の関係で、主人だけお引っ越しすることになり、GW前半は荷造り。GW後半は荷解き。と、引っ越しで終わってしまいました。

行き先は、餃子で有名なあの場所です!

行きの車の中から見えた富士山。とーっても綺麗でした。
お引越し作業だけでは、子どもたちが可哀想なので、1日だけ観光しました。

日光東照宮。
眠り猫を見ました!
空気がひんやりして軽くて気持ちよかったです。
こういう場所に来ると、すーっと心のモヤモヤが消えていくのはなぜでしょう?不思議ですね。

那須ステンドグラス美術館。
オルゴール演奏とピアノ演奏、パイプオルガン演奏がたまたまやっていて、全部聴いてきました!
オルゴールは、左右にあります。
130年ほど前のドイツ製のものだそうです。

ピアノは特に珍しい感じはしないのですが、パイプオルガンはすごく久しぶり。
パイプオルガンの音色に聴き入ってしまいました。

たまには違う楽器の音色を聴くのも、すごく新鮮で気持ちいいですね。

パイプオルガンの足。
一体どうやって演奏しているのでしょう。足の短い私は無理だなーって思いながら、観察してしまいました(笑)

20年ほど前、両親と那須ステンドグラス美術館に来たことがありますが、その頃とは感覚が違い、とっても楽しめました。

音楽でもそうですが、成長すればなんでも感じ方が違うのだなぁとあらためて思いました。

ステンドグラスも、もちろん綺麗で素敵でした!
24日は、AカテゴリーからEカテゴリーのゲネプロ、本番でした。
(写真は、すべてゲネプロの写真です)

本番同様、衣装をつけて…
最後のオーケストラとの合わせです。

この後、本番が控えているだけあって、みなさん緊張している様子でした。

そんな中でも、指揮者の先生はとても優しく、そしてオーケストラのみなさんも一人一人に拍手してくださったりと、あたたかな雰囲気だったと思います。

24日は生憎の雨でしたが、たくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございました。
チケットの半券を数えてみましたが、なんと、219枚でした。

出演者、出演者のご家族1名分、出演者の先生は、チケットなしで入場できるので、満席に近かったのではないかと思います。

『年々、来場者、多くなっていますよね!』と言われる方もいましたが、今年は本当に受付がドタバタとしていました…

そんな私たちを見て、『どうぞ〜』と冷たいお茶をくださったり、あたたかい言葉をかけてくださった出演者のご家族の方がいらっしゃいました。本当にありがとうございました。

11月のコンクールからコンツェルトの夕べまで、約5ヶ月。

それぞれ、色々なドラマがあったと思います。

なかなか練習時間が取れなかった…いつもお母さんに『練習しなさい!』と怒られてた…
と、本当に色々、、、。

みなさん、コンツェルトは楽しかったですか?気持ち良かったですか??

本番後に指揮者の先生に『楽しかったです!』とお話しに行っている出演者の方がいらっしゃいました。

『楽しいが1番!!』指揮者の先生のお返事に、なんだか私がとっても嬉しくなりました。

練習やレッスンではつらくなることがあっても、本番後には『楽しかったー』『気持ち良かったー』と思ってもらえたら本当に嬉しいです。
23日(土)は、AカテゴリーからEカテゴリーのリハーサル、一般カテゴリーのゲネプロ、本番でした。

指揮者が指揮台からおりて、ピアニストと楽譜を見ながらお話しする姿が、一緒に音楽を創り上げている感じがして個人的には好きです。

一般カテゴリーは、さすが、落ち着いていました!

こちらは、出演者のみなさまへの贈り物。

中には、ご両親からお子さまへのプレゼントもありました。

お父さまと少しお話しさせていただきましたが、お話を聞いているとほんわかと温かい気持ちになりました。

(舞台の写真は、リハーサル、ゲネプロ時の写真です)




第6回 ベルソンピアノコンクール受賞者記念コンサート『コンツェルトの夕べ』、終演いたしました。

出演者のみなさま、お客さま、ご協力頂きました楽器店・ホール関係者さま、このコンサートに関わってくださった全てのみなさまにお礼申し上げます。ありがとうございました。

24日(日)は、AカテゴリーからEカテゴリーでしたが、開場時間、開演時間が遅れましたこと、深くお詫びいたします。大変申し訳ございませんでした。

リハーサルやゲネプロで写真を撮らせていただきました。
ご協力頂きましたみなさま、ありがとうございました。
また少しずつ載せたいと思います。
今日はとーってもいいお天気でしたね!
ちょっと動くだけで汗が、、、
明日もいいお天気みたいで、気持ちが軽くなりますね♪

今日は、第6回 ベルソンピアノコンクール受賞者記念コンサート『コンツェルトの夕べ』のオーケストラの練習&一般カテゴリーのリハーサルでした。
オーケストラのみなさま、一般カテゴリーのみなさま、お疲れさまでした!

私も子どもたちを連れて、オーケストラの練習を聴かせて頂きましたが、やっぱり生のオーケストラは良いですね。

子どもたちも静かに聴いていました。
上の娘は『これは何の音?』と楽器の音に興味津々でした。

明日は、AカテゴリーからEカテゴリーのリハーサル、一般カテゴリーのゲネプロ、そして、一般カテゴリーの本番です。

今回はじめての一般カテゴリー。

どんな雰囲気になるのか楽しみです。

明後日は、AカテゴリーからEカテゴリーのゲネプロ、そして、本番です。

どんなあたたかな空気が流れるのか、楽しみです。

明後日は、満席が予想されます。

出演者のみなさまは、時間に余裕をもってお越しください。

また、駐車場も満車になる可能性が高いので、その旨もお願いいたします。

追伸
瑞穂文化小劇場の検温器はこちらです↓
ドカンと大きくて、逆に気付かなかった…(笑)
一回通り過ぎてしまいました、、、(^^;;
来場時の検温、手指消毒のご協力をお願いいたします!